リスティング広告の始め方

058

リスティング広告はGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に表示されるテキストタイプの広告です。クリック課金型の広告ですので表示されるだけでは料金は発生せず、クリックされて初めて料金が発生するため低予算で開始できるメリットがあります。

本記事ではこれからリスティング広告を始めようとされている方に、リスティング広告の概要と、設定から配信までの流れをご紹介します。

これからリスティング広告を始める方、運用を始めて間もない方は下記の運用マニュアルもぜひ合わせてご覧ください。現場で使えるリスティング広告の運用ノウハウをまとめています。

リスティング広告の運用マニュアル

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1. 目的を明確にする

リスティング広告に限らずですが、コストをかけて実施する施策には必ず目的が必要です。この目的を達成するためのツールの1つがリスティング広告です。リスティング広告は検索のアクションを起こしているユーザーに訴求できるため、顕在顧客に向けた訴求が強みと言えます。リスティング広告と平行してよく利用される広告にディスプレイ広告があり、こちらは商品やブランドの認知向上など潜在顧客向けの訴求が強みです。

関連記事:リスティング広告とディスプレイ広告の違い

後ほど記述しますが、この目的を達成するためにコンバージョンと呼ばれる指標を設定し、効果測定を行います。効果測定をせずに実施してしまうと実施中の施策良し悪しを把握することができず、今後の改善点も見つかりません。ですので、リスティング広告では必ず目的(ゴール)を定めてから実施しましょう。

一般的には、商品購入、会員登録、お問い合わせ、など自社の売上やサービスに直結する指標を指定します。

2. 利用する広告サービスを決める

国内のリスティング広告で圧倒的シェアを誇っているのは、Googleの検索結果に表示されるGoogleアドワーズと、Yahooやbingなどの検索結果に表示されるYahoo!スポンサードサーチです。

この2社以外のポータルサイト(goo、BIGLOBE、OCNなど)の検索結果に表示されるレモーラリスティングという広告サービスもあります。

どの広告サービスを利用するべきかは、自社Webサイトに訪問するユーザーが利用している検索エンジン割合をアクセス解析ツールで把握しておき、利用ユーザーのより多い検索エンジンに掲載される広告サービスを利用すると良いでしょう。

一般的には最初はどのサービスに効果が出るかは未知数ですので、2大検索エンジンに掲載されるGoogleアドワーズとYahooスポンサードサーチでスタートされるパターンが多いと思います。

3. アカウントを作成する

利用する広告サービスが決定したらアカウント作成を行います。

Googleアドワーズは、Gmailアドレスを取得すれば広告管理画面にログインできるようになり、広告作成の準備を始めることができます。

Yahooスポンサードサーチは、Yahoo!ビジネスIDを取得する必要があります。これは企業用のアカウントで、個人で利用しているYahooのアドレスとは異なります。

取得するには企業情報の登録、携帯電話でのSMS認証が必要です。なお、このアカウントを作成するために使用する連絡用アドレスはフリーメールアドレスは登録できませんのでご注意ください。ただし、Yahoo!ビジネスIDを一旦、取得してから登録情報の編集を行うことで後からフリーメールアドレスに変更することはできます。

関連記事:リスティング広告のアカウント登録に関する注意点

4. 広告を作成する

リスティング広告は以下の要素で構成されています。特に広告タイトルはユーザーにクリックしてもらうための最大の訴求ポイントとなります。それぞれの項目はすべて統一性を持たせる必要があります。

例えば、広告タイトルと広告文はギフト商品について記述しているのに、リンク先URLで英会話教室のホームページへ誘導することなどは認められません。

  1. 広告タイトル
  2. 広告文(1)
  3. 広告文(2)
  4. 表示URL
  5. リンク先URL

GoogleとYahooそれぞれ各項目に入力できる文字数に制限があります。

関連記事:GoogleとYahooのリスティング広告の文字数について

広告作成が完了したら、先に「広告プレビューツール(Yahoo)」を利用してどのように広告が表示されるかをチェックされることをおすすめします。このツールの利点は、広告のインプレッション(表示回数)がカウントされずにチェックできますので、計測データに偏りが出ることがありません。

広告は掲載前に審査を通す必要があります。不適切な表現の有無やガイドラインに抵触しないかどうかがチェックされ、問題なければ掲載が始まります。

関連記事:リスティング広告の審査について

5. 配信条件を決める

配信エリアを決める

一律に広告を配信することもできますし、配信エリアを指定して配信することもできます。例えば実店舗へお客さんを誘導することが目的の場合、あまりにも遠方地域のユーザーにクリックされても来店の可能性がほとんどないということもあるでしょう。そういった場合などに配信対象とするエリアを絞り込んで、無駄なクリックを抑えて効率的に予算を利用するという設定を行います。

関連記事:リスティング広告のターゲット地域とは?

配信する曜日、時間を決める

コンバージョンの上がりやすい時間帯とそうでない時間帯の傾向が見えてくると思います。その結果を見ると、CVの高い時間帯に絞って配信する方が費用対効果も高いのではないかと考えたくなりますね。

実際にCVが高いのが夕方~夜だったとして昼間は配信しなくていいかというと、そうではありません。自社サイトに訪問後、そのままCVに至ってくれるケースはいいのですが、昼間に広告を見て夜に改めて訪問してCVに至るケースがあります。逆に、夜に見て昼間の時間のある時に再訪問してCVに至るケースもあります。

どちらかの時間帯だけ配信していた場合は、こういったユーザーの再訪問の機会ロスを発生させている可能性があります。極端な配信機会の強弱はつけないほうが良いでしょう。

配信デバイスを決める

自社商品のターゲットが利用するデバイスがスマートフォンに偏っていたり、逆にB2Bビジネスでオフィスからの検索を考慮する場合はPCユーザーに偏って配信するほうが効率的に予算が活用できるときがあります。このような場合に配信デバイスを絞り込むことで無駄なクリックを抑えて見込みユーザーに訴求できるようになります。

関連記事:リスティング広告をスマートフォンに配信する

6. キーワードを決める

リスティング広告の最大の要とも言えるのがキーワードです。この設定次第で効率的な運用ができるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

自社商品に関連のあるキーワードを選定して入札します。Googleアドワーズ、Yahooスポンサードサーチともに、設定キーワードは1円から入札をすることができます。上限はGoogleは規定なし、Yahooは50,000円となっています。ただし、Yahooでいうと上限50,000円で入札した場合でも、この設定金額がそのまま課金されるわけではなく、実際に課金される金額は競合他社との兼ね合いなど様々な要素が影響します。あくまで上限という考え方ですね。

関連記事:リスティング広告でキーワード選定する時のポイント

なお、設定キーワードとは逆に対象外キーワードを設定することもできます。対象外キーワードを設定することで、そのキーワードを含める検索をされた場合に自社広告を表示しないようにすることができます。

例えば、大阪のお寿司屋さんが「大阪 寿司屋」でキーワード設定しているとします。ただし、そのお店は都合により出前をしていないので、出前希望のお客様には対応ができません。よって「出前」を対象外キーワードに設定し、「大阪 寿司屋 出前」などで検索された場合に、広告を表示しないようにすることができます。

対象外キーワードはひとつの広告グループ内で、登録されているキーワードと合わせて2,000個まで登録可能です。

7. 予算を決める

日額上限予算を決める

リスティング広告では日額で利用する上限予算を設定します。ここで指定した上限を超えないようにGoogleやYahooが調整して広告を掲載してくれます。例えば「1ヶ月で3万円」の予算であれば、約100円/日 と広告管理ツールに設定をしておきます。

GoogleとYahooを両方利用する場合には、それぞれの広告サービスに分配して入金しますので約50円/日 の施策を2つ行うという考え方になります。合計すると100円/日 ですので結果としては同じです。

日額上限予算の上限と下限については、Googleは特に規定なし、Yahooは100円以上1,250万円以内となっています。(日額1,250万円ってすごいですよね。私には縁のない世界です。)

予算を入金する

リスティング広告の費用の支払い方法を銀行振込とした場合は、事前に指定口座へ入金しておく必要があります。クレジットカードで支払いをされる場合は事前入金は不要です。

初回の入金額については、Googleアドワーズは特に規定なし、Yahooスポンサードサーチは3,000円以上(追加は1,000円単位)の入金が必要になります。広告サービスを開始するにあたっての初期費用はかかりません。

関連記事:リスティング広告の予算入金について

8. コンバージョンタグを設置する

リスティングではこの指標をコンバージョン(CV)と呼びます。コンバージョンは企業によって様々で、商品の購入数や会員登録の数、お問い合わせ数などが一般的です。

測定するにはコンバージョンが発生するページ(お申込み完了画面など)に専用タグを埋め込みます。専用タグはGoogleアドワーズやYahooスポンサードサーチの広告管理ツールにて発行できます。この専用タグではコンバージョンの発生したユーザーの広告をクリックするまでの行動が分析できます。

さらにサイトに訪問してからの行動まで幅広く分析するには、Googleアナリティクスでもイベントタグなどを利用してコンバージョンを測定することをおすすめします。

関連記事:GoogleとYahooで電話発信コンバージョンを計測する

8. 広告審査を申請する

リスティング広告は管理画面で広告作成を行うと、必ず審査が入ります。作成した文章やリンク先を審査窓口がチェックして、問題なければ掲載される流れになっています。審査には「事前審査」と「事後審査」があり、どちらのタイプで審査されるかは作成してみないと分かりません。

私の経験上ですが、どちらの審査タイプになったとしても、よほど審査窓口が混雑していない限りは当日~2営業日の間には、結果が戻ってきます。大事なキャンペーンなどで広告掲載開始日が決まっている場合などは、前日や前々日に審査を通すのは当然オススメできませんので、キャンペーン開始日の設定を行い、余裕がある間に事前に広告審査を通しておきましょう。

事前審査になった場合

広告を作成した時点では広告は保留状態で、YahooやGoogleの担当者がチェックして問題なければ、そこから掲載対象の広告となります。審査NGの場合は、管理画面の広告ステータスにその旨が記載されますので、内容の見直しを行って、改めて審査を通す流れになります。

事後審査になった場合

広告を作成した瞬間から掲載対象の広告となりますので、設定したキーワードで検索された場合、検索結果に広告が表示されます。
つまり作成した内容は、後々チェックされるまでは審査保留のような状態です。
ただし、この場合も数時間~1日の間にはチェックされることがほとんどですので、何かしら内容に問題があれば結局は掲載停止になりますので、再度広告の見直しが必要です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

リスティング広告は低予算で始められる身近な広告ツールですが、始める際にはきっちりと目的と設定を定めておく必要があります。

さらに細かく運用に関する情報をご覧になりたい方は当サイトの「リスティング広告」にノウハウをまとめていますので、ぜひご活用ください。

ご参考になりましたら幸いです。