Googleアナリティクスのイベントトラッキングを計測する [Simplicity編]

先日、当ブログのテーマをWordPressの無料テーマ「Simplicity」に変更しました。とても使い勝手がよく重宝しているのですが、今のところ1点だけ実現できない機能がありました。

Googleアナリティクスを利用してのイベントトラッキングです。

イベントトラッキングとは、Webサイト内のクリック数やPDF資料のダウンロード数、バナーのクリック数など、どのリンクが何回クリックされたかを計測できる機能です。テーマを変更する前はこのイベントタグをよく利用していたので、これはテーマを変更しても継承させたいと思って色々と調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

イベントトラッキングコードの設置

まずは基本的なところから。Googleアナリティクスでイベントトラッキングを計測するには、該当の<a>タグ部分にイベントタグを埋め込む必要があります。

Googleアナリティクスには従来の旧アナリティクスコードとユニバーサルアナリティクスコードの2種類があります。現在の管理画面から取得できるのは後者のユニバーサルコードとなっています。

見分け方は、トラッキングコードの中に[ga.js]へのリンクがあれば旧コード[analytics.js]へのリンクがあればユニバーサルアナリティクスのコードです。

過去記事:GoogleとYahooで電話発信コンバージョンを計測する

ご自身がどちらのタイプかを確認し、クリック数を計測したい<a>タグに下記コードをそれぞれ設置してください。

以下の「カテゴリ」「アクション」「ラベル」などは計測されたイベントを識別するための指標だと考えてもらえればOKです。こちらで詳しく解説されています。

[ユニバーサルアナリティクス対応]イベントトラッキングを使ってファイルのダウンロード数や外部リンクのクリックを計測する方法 – ひびの備忘録

旧コードのイベントタグ

旧コードの場合は以下の記述になります。

<a href="#" onClick="_gaq.push(['_trackEvent', '任意のカテゴリ名', '任意のアクション名', '任意のラベル名']);">クリック</a>

ユニバーサルコードのイベントタグ

ユニバーサルコードの場合は以下の記述になります。

<a href="#" onClick="ga('send', 'event', '任意のカテゴリ名', '任意のアクション名', '任意のラベル名']);">クリック</a>

イベントが反映されるまでに時間がかかる

このコードを設置してもすぐにイベントが計測されるわけではありません。このあたりはGoogleアナリティクスの仕様なので詳しくは解説できませんが、数分のときもあれば1時間ほどかかることもあります。

数日経過しても反映されないようであれば、設置方法にミスがある場合も考えられますので、一度ソースをチェックしたほうが良いかもしれません。

最後に

Googleアナリティクスの機能でイベントトラッキングまで利用している人は少ないのかもしれません。

しかし、クリック数を計測することでコンテンツの見直しやリンクの設置位置などサイト改善のための重要なヒントも取得できるようになります。例えば、サイドバーに設置したバナーがクリックされないと分かれば、別の場所に移動させてみたり、デザインを変えてみたりと次の策が練れますよね。漠然と「クリックされてないようだ」では改善のポイントが定まりません。

イベントトラッキングを上手に利用して、より良いサイト作りを目指されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)