iPhone電卓で数字を当てるマジック【ブレインダイブ】【種明かし】

029

先日、テレビで「ブレインダイブ」というマジックをやっていました。少し前に流行したメンタリズムと似たような人間心理を利用したマジックのようです。

マジシャンが一人で黙々と進めるのではなく、見ている側もマジックに参加しながら進めるのでトリックが完成した時の驚きも大きく膨らむのでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

iPhone電卓を利用したマジックの流れ

まずはどのようなマジックだったのかを簡単にご説明します。

マジックのゴールは数字当てで計算結果の数字を当てます。それが今回ご紹介するブレインダイブの内容です。

マジックの流れは以下の通りです。

まずは予言した数字を書いている紙を事前に相手に渡しておきます。もちろん何の数字が書いてあるかは見えないように。

そして、自分の(または誰かの)iPhoneで「標準の電卓アプリ」を起動させます。アプリの起動はマジシャンが行います。

そこまで準備できたら、その状態のiPhoneをひっかける相手に渡してスタートです。

以下の手順をひっかける相手自身でやってもらいます

※何の数字を押しているかはマジシャンは見てはいけません

  1. 好きな2ケタの数字を押して「+」を押す
  2. 好きな2ケタの数字を押して「+」を押す
  3. 好きな3ケタの数字を押して「+」を押す
  4. 好きな4ケタの数字を押して「×」を押す
  5. 好きな2ケタの数字を押して「=」を押す

ここまでで計算された数字がなんと事前に予言した紙に書いてあるというものです。好きな数字で計算した答えが予言されているので、相手はビックリ!というわけです。

計算の途中で「3をかけてください」とか「1の位と100の位を入れ替えてください」のようにルールのあるマジックは知っていましたが、自由に入力していいパターンはあまり無いので、驚きます。

お札のシリアルNo.も計算結果と同じになる

メインの流れは上記で説明した通りですが、サブとしてもうひとつ驚きが用意されていました。その流れはこうです。

  1. 相手から千円札を借りる
  2. 用意した封筒にその千円札を入れて封をする
  3. 封筒を相手に渡しておく
  4. (ここから上記の電卓マジックをスタート)
  5. 封筒からお札を出す
  6. 電卓に表示された数字と千円札のシリアルNo.が同じになっている

このサブを取り入れることで、数字を当てるだけでなく千円札のシリアルNo.まで変わってしまった!と驚きが二重になり、相手はさらにビックリします。

種明かし(ネタバレ)

種明かしはダラダラしてもしょうがありませんので、スパッといきます。

まずiPhone電卓での数字当てのカラクリはこうです。まずは準備として以下のようにiPhone電卓アプリに入力しておきます。

最後に表示させたい数字 + 0 ×( 0

※上記の( はカッコの左側です

最後の 0 は電卓の + マークが押された状態を隠すためです。ここまで入力したら2ケタ、3ケタなど任意の数字を適当に入力して + や × で続けてみましょう。このへんでいいかなと思ったら、最後に = を押します

するとどうでしょう?

「最後に表示させたい数字」が表示されていませんか?

これができれば数字の予言は簡単ですね。自分で自由に決めておくことができますので紙に書いて予言とすれば完成です。

テレビで紹介された「お札のくだり」までしたいと思わなければ、ここまでで十分楽しめると思います。

一応、お札のシリアルNo.が一致するのも気になるという方向けにサクッとお話しますと、利用する封筒は二重構造になっているということです。もちろん見た目はそんな風には見えないように工夫されています。

封筒の上のほうを破るときと、下のほうで破るときで繋がる空間が違います。つまり事前にお札を仕込めます。

ここまでくればお札のシリアルNo.がなぜ予言した数字と一致するかは分かりますよね?

マーヴィンズ アイ・マジック (MARVIN'S i・MAGIC)
カワダ (2016-10-29)
売り上げランキング: 18,488

披露するときのポイント

このマジックを披露するときのポイントは以下の2つです。

  1. iPhoneの標準で付いている電卓アプリであること
  2. 画面の横向きロックは解除しておくこと

このマジックは( ←カッコ が入力できる電卓である必要があります。そのため、通常の電卓ではこの操作ができないと思いますので、iPhoneアプリを利用する必要があります。

iPhone電卓で( を入力するためには、電卓を起動している際に横向けに画面を傾けて関数電卓表示にする必要があります。その中に( があります。

この事前準備をする際にiPhoneの向きを一瞬だけ変える必要があるため、これらの動きをいかに自然に行えるかがテクニックになるでしょう。

なお、横向きにする準備を入れたくない場合は、以下の準備でも予言した数字を表示することができます。ただし計算過程の表示が少し変わります。

最後に表示させたい数字 + 0 × 0

最後にわざわざ 0 を入力しているのは、× で終わったままでスタートすると電卓の「+」マークが押されている状態が分かってしまうからです。

どちらが完成度が高いマジックになるかはテクニック次第かもしれませんね。

仕掛けも準備も不要のマジック!手だけでできる驚きの心理トリック!成功率はほぼ100%!
世の中にはたくさんのマジックがあります。学生の頃、コインやトランプ、ハンカチなどを使って楽しまれた方も多いでしょう。 新年会や忘年会、...

最後に

ブレインダイブの特集をよくテレビで見かけるようになりました。

マジックは何でもそうですが、タネを知ってしまえば「な~んだ、そんなことしてたのか」と思って終わりですが、この仕組みを思いつくことがすごいです。

「ある」ものを分析するのは時間をかければできますが「ない」ものをゼロから生み出すのはとても難しいことです。

また新たな技で驚かせてほしいですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
LINEスタンプ
LINEスタンプ販売中です

ゆれる白いトリ

キノカッパ

日常トークに使えるスタンプも販売中⇒LINE公式ストアへ