カラコンのトラブルはなぜ多い?安全のためにレンズケア方法をしっかりと知っておこう

146

カラコンを装着した人の目のトラブルをよく聞きますよね。

実際の原因は、カラコン自体が目に悪いのではなく、コンタクトレンズの取扱いやケアを間違っているために起こっているトラブルがほとんどです。

私がコンタクトレンズを付けるようになってから20年近くなりますが、今のところ目にトラブルが起きたことはありません。

大切な目に関する器具ですので、安心してコンタクトレンズを装着できるように大事なケアや取り扱い方法をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

カラコンを安全に使うために

コンタクトレンズは医療機器の中で「高度管理医療機器」に分類されます。カラコンも同じ分類になります。心臓ペースメーカーや人工血管と同じ分類なんですよ。

コンタクトレンズは数年前まで処方箋をもらわなくては購入できなかったため、必然的に眼科医に検査に行き、コンタクトレンズのケアの方法や目に与える危険性について医師から説明を受けた後に購入という流れでした。

ですので、コンタクトレンズをきっちりとケアしなかったときのリスクも教えられるので「ちゃんとケアしなきゃ大変なことになる」とビビッていたのを覚えています(苦笑)

カラコンは眼科医によるケアや説明を受けなくても購入できるため、利用者自身がケアの大切さを知っておく必要があります。これを怠るためにトラブルの発生が多いのです。

関連記事:なぜコンタクトレンズは処方箋なしで購入できるの?

清潔な手で取り扱い、床に落ちたレンズは使わない

コンタクトレンズを触るときは清潔な手で触りましょう。

私が眼科医での説明を受けたときは「レンズを触る前は必ず石鹸で手を洗うこと」と教えられました。

直接、目に付ける器具ですので異物や細菌が付いた手で触るということは、それらの菌を目に入れているのと同じですのでよくありません。目の炎症の原因になります。

また装着しているときに何かの拍子に外れてしまうこともあると思います。落ちかけたコンタクトレンズを手のひらで受け止められたときは水ですすげば再度装着しても特に問題はないでしょう。

しかし、床に落ちたときは細菌が付着したり、目に見えない細かな傷が付いてしまっている可能性があります。その状態のレンズを再び目に入れるということは…想像すると恐いですよね。

もったいないと思われるかもしれませんが、目のほうが大切ですので、床に落ちた場合は捨てるほうがよいでしょう。

関連記事:コンタクトレンズを落とした!すぐ拾えばまだ使える?

カラコンを舐めてもう一回つけ直すのはNG

普段からカラコンを装着していると「カラコンが落ちてしまった」「目が痛いので少しの間だけカラコンを外したい」ということもあるかもしれません。

空気中にカラコンを置いておくと時間とともに乾燥してしまいますね。そのため「ちょっとだけ口の中に入れておこう」と思うかもしれません。口の中は唾液があるので乾燥しないという面では効果があるかもしれません。

しかし、危険な落とし穴があります。それは口の中の雑菌です。

口の中は私たちが思っている以上に雑菌が繁殖しています。口の中にカラコンを入れて、雑菌が付いたカラコンを再び目の中に戻すとどうなるでしょう。雑菌を直接目に運び入れているのと同じですね。目に炎症を起こしたり、最悪の場合は感染症などにより失明するリスクもあります

レンズの洗浄や消毒などを普段からきっちりと行っていたとしても、雑菌を直接目に運び入れていては全く意味がありませんよね。

目の健康のためにも口の中にカラコンを入れるという行為はやめておきましょう。

昔は煮沸消毒、今は保存液につけるだけでOK

十数年前までは今のように常温の消毒液(保存液)などはなく、煮沸殺菌消毒が一般的でした。寝る前に外したコンタクトレンズを専用の装置に入れて容器の中の液を沸騰させてレンズの殺菌をしていました。

週に1回はタンパク質除去剤をケースに入れてレンズ消毒もしていましたので、今考えるととても面倒でしたね。熱によるコンタクトレンズの変形もよくありました。

朝起きてケースを開けたら、コンタクトレンズが1.5倍ぐらいに伸びていたということも何度もあります。

手間だなぁと思っていましたが、ケアをしなければ目にトラブルが起きることを教えられていたから続けられたのだと思います。

今は洗浄や消毒も1つの保存液でできるようになりました。昔ほど消毒に手間がかかることはありませんので、忘れずに1日1回、きっちりとレンズを消毒するようにしましょう。

目に違和感があるときは装着しない

基本的なことですが、最も大切なことです。

目が痛い、目の乾燥がひどい、視界が白くぼやける、など「普段の目の状態ではないな」と思ったらカラコンやコンタクトレンズは目に装着しないように心がけましょう。

そのまま我慢して装着していると大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

早めに眼科に検査に行って、医師による適切な処置を受けましょう。

最後に

気軽に購入できるようになったカラコンですが、高度な医療器具には変わりありません。

「少しぐらい適当に扱ってもいいや」などと過信せずに、目の健康のためにもきっちりとしたケアを心がけるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
LINEスタンプ
LINEスタンプ販売中です

ゆれる白いトリ

キノカッパ

日常トークに使えるスタンプも販売中⇒LINE公式ストアへ