メガネからコンタクトにするときに気につけること。どうやって併用するの?

156

目が悪くなってくると「まずはメガネから」という場合が多いですよね。気軽に視力矯正できるためです。

顔の見た目が変わらないコンタクトレンズは、メガネをかけることに抵抗がある方にとっては魅力的な医療器具ですが、毎日のケアが必要となりますので、まずは気軽にメガネから始める方が多いのだと思います。

私がコンタクトレンズデビューしたのは20年近く前になります。それからはずっとコンタクトレンズとメガネを併用して生活をしています。

これからメガネやコンタクトを始める、またそれらの併用を考えている方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

メガネとコンタクトレンズの違い

まずはメガネとコンタクトレンズの違いを簡単におさらいしておきます。

まずはメガネですが、こちらはレンズの中心では適切な視力に矯正できますが、周囲にいくとゆがみが出てくるため、度数が強いと目がチカチカしたり、ひどいときはめまいがする場合もあります。

ですので、一般的にはメガネの度数は少し弱めに作ることが多いです。メガネは日常生活やデスクワークをする場合に向いています

一方のコンタクトレンズは、黒目の上にレンズが覆いかぶさる形になりますので、キョロキョロと視線を動かしても矯正された視力が変わることはありません。どこを見ても一定の視力が維持できます。また強めの度数でもめまいはあまりしません。

ですので、コンタクトレンズはスポーツをする場合に向いているといえます。ボールを追いかけたりするときも目の動きに影響されることなく、視力を矯正してくれます。

これらの特徴から、メガネとコンタクトレンズは生活スタイルに応じて使い分けるというのがおすすめです。

家用メガネを買ってみた。度数が分かれば通販でラクラク購入
最後にメガネを作ったのはいつだろう…と思うほど昔タイプのメガネを使い続けている管理人です。 私がメガネを作った頃(十数年前?)はプラス...

メガネとコンタクトの併用について

コンタクトレンズを使い始めたとしても、一生メガネをしないというわけにはいきませんコンタクトレンズとメガネは併用するのが一般的です

外出時はコンタクト、部屋にいる時はメガネという方がほとんどではないでしょうか。

コンタクトレンズはどのメーカーも連続装着は12時間ぐらいまでにすることを推奨しています。

目は呼吸しています。起きている間ずっとコンタクトレンズをしていると徐々に目が酸素不足となり、夜には充血し始めることもあります。

慢性的に目が酸素不足になると、白目にある血管が黒目の中まで入ろうと伸びてきてしまい、最悪の場合は視力障害につながる可能性もありますので、装着時間には注意しましょう。

例えば、毎日の睡眠時間を6時間とすると、日中活動している18時間のうち、6時間ぐらいはコンタクトは外して生活することが望ましいです。寝る前の6時間は外すというのが実践しやすいでしょう。

目を休めることは安全なコンタクトライフに必要不可欠です。

どれだけ酸素の透過性の高いソフトレンズを装着していたとしてもこのルールは守ることをおすすめします。

外出時にメガネは持って行くべき?

学校や仕事にコンタクトレンズで通うようになったとき、メガネは万が一のために常備しておくべきか?と気になる方もいらっしゃるでしょう。

コンタクトレンズ暦20年の管理人の経験談も踏まえますと、答えは不要です。

外出時にコンタクトレンズを外すシチュエーションにはどんなものがあるでしょうか。少しイメージしてみましょう。

  1. 目の痛み(傷やホコリ)により目が開けていられなくなったとき
  2. 海やプールに入るとき
  3. 寝るとき(泊まりのとき)

主にこれぐらいですね。

つまり、普通の生活ではコンタクトレンズを外す必要性はほとんどありません。私が20年近くレンズを装着していて日中にレンズを外したのは一回だけです。ゴミが入ったときに痛くて外しましたが、洗って再度装着しました。

ですので、朝コンタクトレンズを装着して出かけたら、家に帰るまでレンズを外すことはまずありません。ただし、旅行や出張など外泊する場合はメガネは必要ですので持って行きましょう。

朝、家を出るときに装着して、帰ったらレンズを外す

これで12時間の連続装着ルールはだいたい守れると思います。

予備レンズは必ず保管しておく

1dayや2weekのレンズを使用する場合は箱買いになりますので、普段は自宅に予備のレンズがいくつかある状態になります。

万が一のトラブルでレンズを捨てなければいけないときもありますので、そういったときにすぐに新しいレンズを装着できるよう自宅には予備のコンタクトレンズを必ず置いておきましょう

少なくとも今、装着しているレンズがダメになっても3~4日は自宅のストックだけで生活できるようにしておくと安心です。

今は処方箋なしでコンタクトレンズが購入できる時代になりました。「処方箋不要コンタクト通販レンズチャンピオン」で予備のレンズを準備しておくのもよいと思います。


最後に

メガネからコンタクトレンズにすることで今まで遠慮していたり、我慢していたことの多くが解消され、色々と楽しみが増えることでしょう。

「コンタクトレンズにして良かった」と思えることはたくさんありますが、これも普段のレンズケアと定期的に目を休ませるというルールを守ってこそです。

目を大切にいたわりながら、楽しいコンタクトライフを楽しんでくださいね!

なぜコンタクトレンズは処方箋なしで購入できるの?
なぜコンタクトレンズは処方箋なしで購入できるのでしょうか? 最近は通販や街中でコンタクトレンズを販売しているショップが増えましたね。私...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
LINEスタンプ
LINEスタンプ販売中です

ゆれる白いトリ

キノカッパ

日常トークに使えるスタンプも販売中⇒LINE公式ストアへ