【保存版】WordPressが使えるレンタルサーバーを比較。初めてでも安心できるサーバーは?

WordPressを使いたいけど、どのレンタルサーバーを選べばいいのか分からない

初めてレンタルサーバーを契約する際、比較する項目が多すぎてどの会社のサービスを選べばいいのか迷いますよね。値段なのか、スペックなのか、サポート体制なのか、会社ごとに微妙な違いがあるため、足並みを揃えて判断しにくいものです。

レンタルサーバー会社のホームページには、これでもか!と言わんばかりにサーバースペックが掲載されています。スペックには「別に何でもいい」という項目もあります。つまり運用するにあたって大した影響のない機能のことです。それらの項目も含めてすべてを比較対象にしていてはとても絞りきれません。

大事なのは、自分が何を重要視したいのかを決めておくことです。そうすれば不要な情報に惑わされることはありません。

本記事では、これからレンタルサーバーを選ぼうとお考えの方に向けて比較検討しやすいよう、重要ではない機能については説明を簡略化し、大事なポイントに注目して解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

データベースがいくつ作成できるかを確認する

WordPressはデータベースを利用するソフトウェアです。一般的にはMySQLを使います。

レンタルサーバーではプランごとにMySQLで作成できるデータベースの数が異なります。格安プランでは1個というのが一般的です。上位プランになるほど個数は増えます。もし複数サイトを運用する予定であれば、データベースも複数作成できるプランを選びましょう。ひとつのサイトに対してひとつのデータベースというのが理想的です。

ひとつのデータベースに対して複数のWordPressをインストールすることもできますが、別サイトの使わないデータも同じデータベースに格納されていきますので、データベースがどんどん肥大化していきます。万が一、このデータベースが壊れてしまうと共有しているすべての別サイトが影響を受けることになります。

そのようなリスクを避けるために、できればデータベースとサイトは一対一にするほうがよいでしょう。複数サイトを運用する予定がなければデータベースの数は1個で全く問題ありません。

コスト重視なら「ロリポップ」

01ロリポップの最大の魅力はなんと言ってもコストの安さです。

「初めてなので手軽に始めてみたい」「毎月のサーバー料金に数千円も払いたくない」という方は、迷わずロリポップでよいでしょう。最初から高いスペック、高い料金のサーバーを契約する必要はありません。物足りなくなれば簡単な手続きでプランアップできます。

ロリポップに限らず、月額料金が安いプランは共用サーバーといって1台のサーバーを他の契約者とシェアするタイプになります。シェアする人が多いほどサーバー維持費の負担も軽くなりますので料金が安くなるという仕組みです。

ただし、シェアする人が多くなるほど他サイトの突発的なアクセス増による影響を自分のサイトが受ける可能性も高まります。しかし、これはどの共用サーバーにもいえることでロリポップに限ったことではありません。また、頻繁に起こるものでもありません。それらを考慮してもロリポップの料金設定は魅力的です。

ロリポップで最安のエコノミープランは、なんと月額100円です。安かろう悪かろうと思いきや、サーバー容量は10GBも確保されています。10GBもあれば写真や動画を大量にアップするサイトでなければ全く心配いりません。

ただし注意していただきたいのは、月額100円のプランはWordPressは利用できません。もしWordPressを利用してサイト運営する場合は、月額250円のライトプラン以上での契約が必要です。

コストをかけずに手軽に始めたい方には「ロリポップ」が最適です。

ロリポップ公式サイト

安定性を求めるなら「XSERVER(エックスサーバー)」

02エックスサーバーの最大の魅力はサーバーの安定性です。イレギュラーなアクセス遅延やサーバーダウンという障害が滅多に起きません。いつでも安定してサイトが表示されます。

また、突発的なアクセス増にも強く、500~1,000アクセスが一気に集中してもサクサク動きます。これらの情報はエックスサーバーを契約している有名なブロガーさん達が頻繁にツイートしてくれていますので、とても参考になります。

通常は同時接続数が上限に到達する前に、ホスティング会社が該当サイトへのアクセス制限をかけます。同じサーバーをシェアしている他の契約者に迷惑をかけないようにするためです。この同時接続数の制限が厳しいレンタルサーバーでは、200~300の同時アクセスでも制限を受ける場合があります。

制限を受けてしまうと、サイトへのアクセスが落ち着いて、解除してもらうまではユーザーにホームページを見てもらうことができません。ビジネスで利用していたら信頼も失いますので大きな損失ですよね。もちろん個人の方にとっても痛手です。

こういった損失を回避するために有名なブロガーさんの多くはこのエックスサーバーを契約されています。もちろんブログはWordPressで構築されています。

安定性は十分なエックスサーバーですが、コスト面はロリポップに比べると少し割高です。エックスサーバーで最も安いプランでも月額1,000円前後します。しかし、サイトを安定して運営するための保険だと考えれば決して高くはないと思います。

サーバー障害の少ない、安定したサイト運営を求めるなら「エックスサーバー」が最適です。

エックスサーバー公式サイト

重視したい項目が多い方は「さくらレンタルサーバ」

03さくらレンタルサーバは数あるレンタルサーバーの中でも老舗の実績あるホスティングサービスです。個人用/法人用ともにプランと機能が充実しています。余談ですが、私が個人で初めて契約したサーバーもさくらレンタルサーバでした。

コスト面ではロリポップと同レベルの低料金プランがあり、安定性ではエックスサーバーと同等に評価が高いです。同時接続数が急増した有名ブロガーさん達がその様子をよくツイートをしていますが、サクサク動いています。

さくらレンタルサーバはコスト面も安定性の面でも優れていますが、私が契約していたときに少し不便だなと感じたこともあります。

それはプラン変更のときです。多くのレンタルサーバーでは、プラン変更は同一のサーバー内で行われるもので、申込み手続きをすれば1営業日ほどでプランアップは完了します。phpファイルや画像ファイルを移動させたりする手間も発生しません。

しかし、さくらレンタルサーバではプランごとに収容サーバーが異なるため、プランアップするときには新規で別プランを申込み、その後に旧プランを解約するという手順が必要になります。ページの公開の準備も、新規でサーバー契約をしたときと同じ作業をしなければいけません。この点を除けば、さくらレンタルサーバは万能のサーバーだと思います。

コストや安定性など重視したい項目が多い方は「さくらレンタルサーバ」が最適です。

さくらレンタルサーバ公式サイト

最後に

レンタルサーバーはそれぞれの会社ごとに特徴があり、私たち契約者が何を優先するかである程度の候補は絞られてきます

ホームページに掲載されたすべての機能を比較対象にするととても選びきれませんので、不要な機能については深追いせず、これは譲れないという条件を決めることがスムーズな選択につながると思います。

ご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)