minibird(ミニバード)の評判は?気になるメリットとデメリット

minibird

minibirdは、格安料金プランが魅力のレンタルサーバーです。2009年開始の比較的新しいサービスで、運用はネットオウル株式会社が行っています。同社ではFIREBIRDとクローバーというminibirdの上位サービスも提供しています。

ネットオウルの各種サービスを利用することで貯まるポイント制度(ネットオウルポイント)があり、サーバー申込み時の初期費用や月額の利用料金として使うことができます。

minibirdは気軽にWebサイト運用をしてみたいという個人ユーザーに人気のレンタルサーバーです。初心者の方でもアプリケーションのインストールや各種設定が簡単に行えるよう、管理画面は見やすく使いやすいデザインになっています。

2週間の無料お試し期間がありますので、サーバーへ自分のサイトをアップロードして表示速度のチェックをしたり、管理画面の操作を試すこともできます。

>>minibird 公式サイトはこちら

特徴・メリット

minibirdは初心者の方でも迷わずに運用をスタートできるように管理画面が設計されています。人気アプリケーションのインストールや設定作業を簡単に行うことができます。

1. 初期費用ゼロ

minibirdではキャンペーン実施中につき、サーバー契約時の初期費用がかかりません。他社では3,000円~5,000円かかるプランもありますので、手軽に始めたい場合に嬉しい特典です。

2. WordPressがすぐに使える

人気のWordPressが月額のサーバー料金250円(税別)のみで利用できます。インストールは管理画面から簡単に行うことができます。

3. アクセス解析ツールが標準搭載

minibird提供のアクセス解析ツールを利用することができます。設定は管理画面から簡単に行うことができます。

気になるところ

minibirdのプランは1種類のみで、他社レンタルサーバーのような上位プランが存在しません。そのため、しばらく運用した後に「もう少し高いスペックのサーバーに変更したいな」と思ってもプランアップすることはできません。

将来、プラン変更することも考慮しておくのであれば、管理画面から簡単に手続きできる格安レンタルサーバーのロリポップがおすすめです。プラン変更をする予定がなければ特に気にする必要はありません。

なお、minibirdには電話サポートはありませんので、メールまたはチャットでの問い合わせとなります。

料金プラン

minibirdのプランは1種類です。契約期間によって月額料金が異なります。

初期費用 月額費用 容量 転送量 電話サポート WordPress
無料 250円 50GB 5GB/日 なし 利用可

(※)表示価格は12ヶ月契約時の税別価格です。価格についての詳細は、公式サイトをご参照ください。

比較するならこの2社

minibirdと同様に初心者向けのレンタルサーバーで比較しました。

minibird ロリポップ ラクサバ
minibird ロリポップ ラクサバ
プラン名 共通 ライト ラクラクライト
無料お試し期間 14日間 10日間 10日間
初期費用 無料 1,500円 1,426円
月額費用 250円 250円 239円
ディスク容量 50GB 50GB 10GB
転送量 5GB/日 60GB/日 2GB/日
マルチドメイン 50個 50個 6個
電話サポート なし なし あり

(※)表示価格は12ヶ月契約時の税別価格です。

総評

格安サーバーとしてのスペックや機能は大手レンタルサーバーのロリポップと比較しても引けを取りません。転送量が他社に比べると少なめですが、格安料金プランであることを考慮すれば妥当だと思います。

管理画面でアプリケーションを簡単にインストールできる環境も整っていますので、初心者の方におすすめのサーバーです。ただ、将来的にプランアップできない仕様だということはよく検討しておいたほうがよいと思います。

すでにネットオウルポイントを所有されている方はminibirdの支払いに利用できますので、初期コストが抑えられてお得です。

>>minibird 公式サイトはこちら