Webディレクターになりたい!未経験でもなれる?必要なスキルと知識は?

Webディレクターになりたい!

そう思われる方も多いのではないでしょうか。

私も以前、Web制作会社でWebディレクターの肩書きをもらって業務をしていました。

Webディレクターを目指すにあたっては、学校に通ったり資格取得は必要ありません。極端な話で言うと「私はWebディレクターです」と名乗ってしまえば、その日からWebディレクターです。

ただし、Webディレクターとして業務をするには求められるスキルがありますので、これから目指されている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターには以下のようなスキルが必要とされます。

折衝力(交渉するスキル)

Webディレクターとして重要なスキルです。

なぜならWebディレクターは「クライアント」と「社内メンバー」の橋渡しの役割を担うからです。クライアントと話をする時は社内の代表として、逆に社内メンバーと話をする時はクライアントの意向を伝える役目として、常に交渉するシーンが発生します。

「話を伝えるだけなら誰でもできる」と思われるかもしれませんが、それでは仕事が回らないのが現実です。譲れること、譲れないことを相手に伝え、理解してもらってこそ仕事が前に進むことがたくさん出てきます。

管理能力

Webディレクターは制作過程において、スケジュールを遵守し遂行する役目を担っています。

制作の進行状況、クライアントからの戻しの期日などすべてを公開日に合わせて管理し、遂行する必要があります。私の知る限り、Web制作の工程において、余裕のある案件は滅多にありません。時にはゴマすり的なコミュニケーションも必要だと思います(汗)

幅広い知識(浅くてもOK)

クライアントは自分たちがやりたいことを取引先である制作会社に相談します。

特に技術的な相談を受ける場合に「詳しいことは社内で聞かないと分かりません」では、クライアントの相談にも乗れず、いつまで経っても信頼を勝ち取れないでしょう。

例えばクライアントから「ページ内で簡単な見積もりができるものを作ってほしい」と相談を受けた場合に、PHPでガッツリ組むべきなのか、JavaScriptで簡易的に作るのかなどを目的を聞いて、およその判断をして費用感やスケジュール感をクライアントに伝えることができるような知識は必要です。これはシステムの話だけに限らず、デザインやライティングなどの業務に関しても同じことが言えます。

Webに関することはめちゃくちゃ詳しいところまでは要求されませんが、どんな依頼でも序盤のやりとりを行える程度の知識は必要になります。

オフィス系ソフトが使える

オフィス系のソフト、特にエクセルとパワーポイントは必須だと思います。ワードはエクセルでも代用できますので、まずは上記2種は基本操作はできるレベルが必要です。

Webディレクターは非常にたくさんのドキュメントを作成します。提案書から始まり、ワイヤーフレーム、制作スケジュール、サイトマップ、ディレクトリマップ・・・挙げればキリがないほどあります。

このほとんどをエクセルかパワーポイントで作成します。資料のデザイン性にこだわる人はイラストレーターで作成していることもありますが、私には縁がなかったですね。

未経験でもWebディレクターになれる?

「Webディレクターは未経験でもなれるか?」これはYESです、なれます。

もちろん、Webデザイナーとしてキャリアを積んだ人のほうが、現場としては即戦力になりますが、なれないということはありません。

では、なぜこんなことを言い切れるのか。

それは大手のWeb制作会社であれば、新卒で入社した社員がWebディレクターをするからです。少し前まで大学生だった社員が4月からWebディレクターとして、案件がスタートしたら先輩デザイナーやSEを管理するポジションで仕事をするからです。

WebディレクターはWeb業界の経験があったほうが有利ですが、なくても支障のない業務も多くあります。スケジュール調整や打ち合わせなどですね。

そういった業務は社会人経験があれば、身に付いていることが多いと思いますので、Webディレクターとして働き始めることは十分に可能です。

Webディレクターに向いている人、向いていない人

Webディレクターに必要なスキルについてここまででご紹介した通りですが、そもそもWebディレクターに向いている人、向いていない人はどんな人でしょうか?

Webディレクターに向いているのは案件を進める推進力を持っている人です。

案件は常に順調に進むとは限りません。様々なイレギュラーな事態が起こります。そこで「困ったね、困ったね」とチームのメンバーと一緒に悩むような存在ではいけません。

つまり、周りに同調しやすい人は向いていないかもしれません。常に一歩引いて事実を見つめ、対応策を考える力が必要です。

イレギュラーな事態により、チームのモチベーションが下がれば鼓舞し、客先からの無茶な要望やクレームは自分が盾となって、チームを守る。そういう役割ができる人が向いています。

また、クライアントのイレギュラーな要望を通すために、時には社内からは敵だと思われることも出てくるでしょう。Webディレクターはときにクライアント側のポジションで社内に要望を通さなければいけないときもあります。クライアント、社内チームのどちらとも上手にやりとりできるような関係性を気付くスキルも求められます。

Webディレクターのやりがいとは

Webディレクターのやりがいとは何でしょう。

それは無事に納品できるかどうかを任される責任者になることです。一旦、案件がスタートすれば営業担当やWebプロデューサーはあまり顔を出しません。現場はWebディレクターが管理していくことになります。

案件がスタートしてからは、進捗管理、スケジュール調整、クライアントとの折衝などすべてWebディレクターが責任を持って進めていくことになります。

打ち合わせする、デザイン工程、システム工程などすべてを管理するのがWebディレクターです。そのため、失敗すると納品日までに間に合わなくなるという大惨事が起こってしまいます。完成するまで徹夜続きという地獄になる場合もあります。

そうならないように案件を責任を持って納品まで持っていくことがWebディレクターの使命であり、醍醐味でもあります。

無事にすべてのコンテンツを納品できたときが一番感動できる瞬間です。

納品後にクライアントから「ありがとうございました」と言われると「やってて良かった…」と心の底から思います。責任が重い分、達成感も大きい、これがWebディレクターのやりがいではないでしょうか。

最後に

Webディレクターになる前にすべて身につけておく必要はありません。私もそうですが、これらのスキルは実務をしながら吸収できることが多いからです。

これから目指されている方に少しでもお役に立ちましたら幸いです。

WebデザイナーとWebディレクターではどちらが将来性があるか
世の中にはWebデザイナーやWebディレクターと呼ばれる職種の方がたくさんいます。 私もWebディレクターという肩書きでWeb制作会社...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)