Webデザイナーになりたい!未経験でもなれる?必要な知識とスキルは?スクールに行くべき?

将来はWebデザイナーになりたい

そのように思われている方も多いと思います。

Webデザイナーに必要なスキルや知識は何なのか?スクールに通う必要があるのか?

これから目指されている方が疑問に思うことについて解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは主にパソコンやスマホ向けのホームページのデザインを担当します。これに対して、雑誌やチラシなど紙面のデザインを担当するのはDTPデザイナーといいます。

Web制作会社に所属して、クライアント企業のホームページのデザインを制作するのが一般的です。自社でサービスを提供している場合は自社ホームページのデザインを担当するWebデザイナーもいます。

Webデザイナーは医師や弁護士のように資格のいる仕事ではありませんので、ホームページを担当している人はすべてWebデザイナーと呼んでも間違いではありません。名刺の肩書きで判断することもできます。

仕事の内容

Webデザイナーの主な仕事はホームページのデザインです。クライアントの要望を満たすようなデザイン制作を進めていきます。

Web制作会社の規模によっては、直接クライアントと折衝するWebデザイナーもいますし、社内の営業担当やWebプロデューサー、Webディレクターからの指示を聞いてデザインを制作する場合もあります。

直接、折衝する場合はWebデザイナーではなく、クリエイティブディレクターのような肩書きになっている場合もあります。

この肩書きの違いは、クライアントへの提案や折衝を行うかどうかの違いですが、デザインを担当するという点は共通しています。

Web業界の肩書きが多いのでまとめてみた
Web業界にはたくさんの肩書き(役職)があります。主任や係長などの漢字の肩書きは滅多に見かけません。日本語の肩書きだと判断しやすいのですが、...

Webデザイナーになるには?

先ほど少し触れましたが、Webデザイナーは資格の必要な仕事ではありません。ホームページのデザインに関わる業務をしていれば、Webデザイナーと呼んでも間違いではありません。

一般的にWebデザイナーと呼ばれる人はWeb制作会社に勤めていることが多いです。最近ではフリーランスの方も多くなりました。

どのようにすればWebデザイナーになれるのかをご説明していきましょう。

Webデザイナーに必要な知識とスキル

Webデザイナーに求められるスキルで大切なのは主に3つです。

  • デザインセンス
  • 写真加工/ドローイングソフトの技術
  • Webの知識

まず、最も大事なのはデザインセンスです。これは絶対に外せません。デザインセンスのない方はしっかりと勉強してセンスを磨きましょう。

さらにそのデザインを形にするための写真加工/ドローイングソフトを扱う技術も必要です。有名なソフトとしては、Adobeのイラストレーターやフォトショップですね。この2つは必須で使えるように練習しておきましょう。

さらにWebに関する知識も必要になります。雑誌やチラシのデザインと異なり、ホームページのデザインは様々な環境下で見られることを意識してデザインしなければいけません。

また、デザインしたものをコーディング(ホームページ化)しなければいけません。コーディングには様々なルールがあり、どのような制約があるのかや、どのようなデザインが操作しやすいのかなど考えることがたくさんあります。

単純に見た目が綺麗だったり、カッコイイだけでは通用しないのがホームページのデザインです。どのようなデザインがホームページとして最適なのかを判断できる知識が求められます。

未経験でもなれる?

これまでデザインを全くしたことがないけどWebデザイナーになれるの?

結論からいうとなれます。

どのようなWebデザイナーになるのかによって難易度は異なります。

初心者でもなりやすいのは画像加工をメインにするWebデザイナーです。画像のトリミングやバナー作成ぐらいであれば、ソフトの利用方法さえ習得すればなれます。

通販サイトや自社サービスのホームページの修正をする業務などに多く見られます。

逆に、クライアントサイトのホームページをデザインするようなWebデザイナーになるにはかなり壁が高いといえます。

お金をもらってクライントのデザインをするわけですから、趣味レベルのデザインでは通用しません。何百、何千という他のホームページを見て勉強し、デザインやアイデアのスキルも高くなければ仕事にはなりません。

全くの初心者の方は、まずは画像加工や自社サービスのホームページを担当するところから始めると、成長しながら上のポジションを目指すことができるでしょう。

スクールに通うべき?

Webデザイナーを目指す人が通うスクールがよくありますね。実は私も通いました(苦笑)

初心者の方が勉強のためにスクールに通うこと自体は否定しません。独学でやるのが不安な方やスクールの講師の先生に色々と聞ける環境は成長するためにはいい刺激になるでしょう。

ですが、スクールに通うことは必須ではありません。スクールに通わなくてもWebデザイナーは目指せます。

結論からいうと、私は通わなくても良かったかなとも思っています。授業料もそこそこ高いですので、それであれば自分で参考書を買って、ドローイングソフトを買って、ネットで調べながら勉強するほうが向いていたかなと。

ただ、全くの未経験の状態でWebデザイナーの求人の面接を受けてもなかなか採用は難しいと思います。自作したデザインのポートフォリオなどがあれば少しは興味を持ってくれるかもしれませんが、ない場合はまず採用はされないでしょう。

そういったことを考慮して、スクールではカリキュラムとしてポートフォリオを作成するところもあります。ポートフォリオはスクールを卒業したときに完成していますので、それを面接時に見てもらうことができます。

また、こういったスクールはWeb制作会社とつながりがあることも多く、アルバイトやインターンとして勤め先を紹介してもらえるところもあります。ですので何を重視するかで選択されるとよいと思います。

繰り返しますが、Webデザイナーになるために必要な技術はスクールに通わなくても学べます。

最後に

Webデザイナーは、誰にでもなれるチャンスはあります。その分、勝ち残るための競争が激しい職業でもあります。

初心者の方は自力で勉強してもいいですし、不安な方はスクールに通うのもよいでしょう。

その過程で身に付けていただきたいことは

  • デザインセンス
  • 写真加工/ドローイングソフトの技術
  • Webの知識

の3つです。

このスキルが身に付くのであれば、どのような手段でも構いませんので、自分なりに勉強してみてください。

私は、Webデザイナーが成長する一番の秘訣は実務経験を積むことだと思っています。勉強して得られる知識や技術はもちろん大事ですが、実務経験ほど成長させてくれる機会はありません。

ですので、最初は自信がなくても全く問題ありません。実際に働き出すと、それまでの何倍、何十倍というスピードで成長できると思いますよ。頑張ってくださいね。

WebデザイナーとWebディレクターではどちらが将来性があるか
世の中にはWebデザイナーやWebディレクターと呼ばれる職種の方がたくさんいます。 私もWebディレクターという肩書きでWeb制作会社...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)