酒に酔うと耳鳴りがひどいのは脳腫瘍が原因かも?ストレスや血行不良と決めずにぜひ検査を

※本記事は数年前の検査で脳腫瘍(聴神経腫瘍)と診断された管理人の体験に基づいて書いた記事です。医学的な立場で解説する記事ではございません。

お酒を楽しく飲んだ後、急に片方の耳に耳鳴りがすることがあります。ビール2~3杯ぐらいでは耳鳴りがすることはありませんが、それ以上に飲んだ場合、つまり「だいぶ酔っ払ったなぁ」というお酒の飲み方をしてしまったときに耳鳴りがします。

耳鳴りに気付くのは大体翌日です。お酒を飲んでいる当日は酔っ払っていることもあって耳鳴りがしているのかどうか気づきません。翌朝、目が覚めたときに「キーン」という耳鳴りがします。耳鳴りのひどさは飲んだ量に比例しており、二日酔いのときはかなり大きい音がします。

耳鳴りは酔いが覚めると同時に小さくなっていく場合もありますし、酔いが覚めても数日は耳鳴りだけが残るときもあります。

 

私は10年前から耳鳴りが生じ、突発性難聴と診断されました。しかしその後の精密検査で聴神経腫瘍と分かり、現在も治療中です。

自分の体験、医師からのアドバイス、多くの書物で学んだことをまとめましたので、こちらもぜひお役立てください。

ストレス?病気?どうして耳鳴りするの?
耳鳴りの原因はストレスなの?

キーンという耳鳴りを治すには?
耳鳴りの治し方

つらい耳鳴りを我慢していませんか?
耳鳴りに効果的なサプリはあるの?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

酔うといつも耳鳴りがする場合は注意

耳鳴りは原因を特定するのが難しいようで、耳鼻科で簡易検査をしてもストレスや血行不良と診断されることが多いようです。私も精密検査をするまでは十年近く突発性難聴だと診断されていました。

耳でハウリングする症状があったら疑うべきこと
私の場合、耳鳴りが悪化した時になりやすいのですが、片側の耳にハウリングのような症状が表れることがあります。 ここでのハウリングのような...

一回だけなら突発性難聴の可能性も

突発性難聴は、様々なことが原因で発症する病気で、お酒で酔う以外にも、ストレスが溜まっている場合などにも発症しやすくなります。ただし、突発性難聴は再発しないという特徴があります。

ですので突発性難聴を繰り返している時点で、それは突発性難聴ではないと考えるほうがよいでしょう。

突発性難聴は再発しない。複数の検査を受けて分かった本当の病名。
「耳鳴りするなぁ」「眩暈するなぁ」そんな経験ありませんか? 日常生活でストレスをためていると耳にも様々な影響が出てきます。特にある日突...

耳鳴りを繰り返す場合はメニエール病と診断されやすい

耳鳴りを繰り返す場合によく言われるのがメニエール病です。

症状は突発性難聴と似ており、突然、めまいや耳鳴りなどが起こる病気です。恐らく、再発を繰り返しているほとんどの方はメニエール病と診断されているのではないでしょうか。メニエール病も直接的な原因はハッキリせずに治療することになると思います。

もちろん、ストレスにより血行不良が起こり、耳鳴りがする方もいると思います。すべてが大きな病気につながるとは思っていません。

しかし、再発を繰り返す耳鳴りの場合は「またストレス溜まってるなぁ」という安易な自己判断はされないほうがよいと思います。何かしら原因がある可能性が高いと思います。

聴神経腫瘍の患者は増えている

私が通っている耳鼻科の医師の話によると、聴神経腫瘍になるのは10万人に1人ぐらいの割合だそうです。この割合だけ聞くと、滅多にこの病気になる人はいないように思います。

しかし、これは検査を受けていない人も含まれているため、実際にはこれよりも多くの人が聴神経腫瘍になっている可能性が高いそうです。

実際に私が通っている耳鼻科でも精密検査を実施するまでは、聴神経腫瘍と診断されるのは数ヶ月に1人いるかどうかだったそうですが、精密検査を実施してからは1ヶ月に2~3人のペースで聴神経腫瘍だと判明した人がでてきているそうです。

つまり耳鳴りの原因を「単なるストレス」や「単なる血行不良」で片付けている方が多くいる可能性を示しています。

私も精密検査を受けるまでは十年近く突発性難聴だと思っていましたので、それまではカウントされていなかったわけです。

突発性難聴と思っていたら聴神経腫瘍だった話
どうも、先日まで少し焦っていた@おきです。 先日、耳鳴りがひどくMRIを撮ってもらったところ聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)と診断...

繰り返しの耳鳴りはぜひ耳鼻科で検査を

お酒を飲むといつも耳鳴りがする場合には、一度、耳鼻科で検査をされてみることをおすすめします。耳鼻科で行う検査は健康保険に加入していれば数千円で受けることができます。

それにより、単純なストレスなのか精密検査まで行ったほうがよいかの判断をしてもらうことができます。

私の場合は、耳鼻科の検査の次にMRI検査を勧められました。耳の奥に聴力に影響を与えるもの(腫瘍)があるかもしれないとの判断でMRIを撮りにいきました。

その結果、聴神経腫瘍であることが分かりました。やはり原因不明で耳鳴りを繰り返すのではなく、ちゃんと原因があったわけです。簡易な検査ではずっと分かることは無かったと思います。

ですので、耳鳴りを繰り返している場合はぜひ時間を取って、耳鼻科で検査を受けられることをおすすめします。

原因が大したことがなければそれで安心ですし、何か原因があっても早めの対応をすることで治療方法にも選択の余地があり、身体的にも経済的にもかかる負担を軽減することができると思います。

「ちょっと様子がおかしいな」と思われたら、ぜひ前向きに検査に行ってみてください。

体質を改善して耳鳴りのない生活へ

耳鳴りのない生活に戻すためには、食生活や生活習慣の改善が何よりも大切です。過度のストレスや不規則な生活、偏った食生活が原因となっている場合が多いためです。

しかし、仕事や家事などで急に生活スタイルを変えるのは難しいという場合も多いですよね。

そこで最近は、耳鳴りを改善する手段として耳鳴り用のサプリメントにも注目が集まっています。

サプリメントには蜂の子イチョウ葉エキスなど、耳鳴り改善に有効とされる成分が含まれているため、継続的に摂取することで耳鳴りしにくい体質を目指していきます。

耳鳴りがずっと続いている」「何度も再発を繰り返す」という症状で悩まれている方は、「しょうがない」とあきらめずにサプリメントで体質改善をしていきましょう。

耳鳴りにおすすめのサプリ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)