ブログで何を書けばいい?300記事を超えてふいにやってきた大きな虚無感。打破するには?

「ブログで書くことが何にも見つからない」

当ブログを立ち上げて10記事ほど書いたときにも「書くネタがない」という問題に直面しましたが、300記事を書き終えて、それとは違う厄介な感情がでてきました。

それが虚無感です。

虚無感:空しさ、空虚な感情、虚無の感覚、などの意味の表現。

weblio辞書

「記事を書かないとアクセスが伸びないから」「まずは100記事を書くんだから」という以前のような前向きな気力がない状況です。

「やってもやらなくても特に変わらないでしょ」という感情になっています。これはもう本当に厄介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

色々と頭打ちになる現実

アクセス数、検索順位、収益などブログを運用する中では大事な指標がいくつもありますが、それらが頭打ちになってきました。

記事を1つ2つ書いてもアクセス数は何ら変わりなし。というよりも、更新しなくてもすでにある記事の検索順位が変わるだけで1日のアクセス数が500や1,000も変わることが多々あります。

地道に記事を書いて1日5PVや10PV増やせたとしても気付けないわけです。それ以外の要因でアクセス数が大きく変動します。

喜べる基準が大きくなりすぎた

例えば、毎日100PVぐらいで推移していたブログが150PVになったときはとても嬉しかったですし、毎日100円の広告収入が入っていたときに200円の収入に上がったときは嬉しかったです。

しかし、それも慣れてくると麻痺してきます。

毎日のアクセスが数千PVになってきて、1日のアクセスが数百PVほど増減しても何も思いません。外的要因も大きいので数百ぐらいの増減はよくあります。

「1日○PVにするために記事を書くぞ」ということをしなくても、勝手にアクセス数が増えたり減ったりすることが現実だと分かってきました。

増えたからどうなんだ?が分かってしまった

アクセス数が1日10PVや20PVぐらいのときは、アクセスが少しずつでも増えていくことで、明るい未来があると希望を抱いていました。

「1日数千PVいくようになったら広告収入ガッポリだろうなぁ」と期待していました。ですが、実際にそれぐらいのPVになってくると現実も見えてきます。「あ~こんなぐらいなのかぁ」と。

クリック報酬型の広告なら、記事数は変わっていないのに1日あたり1,000円や2,000円も違うこともよくあります。

「このPVになればいくらになっている」のような決められたルールではないので、目標とする値も厳密には設定できません。これぐらいのPVならこれぐらいの収益としかいえません。

広告収入は「増えるときは増えるし、減るときは減る」と結論づけてしまうと、じゃあ地道に努力してもあんまり意味なくない?となるわけです。

虚無感を打破するために

色々と悩み考えましたが、この虚無感の最大の原因は「目的の喪失」だと思います。

ブログを何のために続けているのかという目的をいつしか見失っていました。私がブログを続けている理由は広告収入を稼ぐためです。「世の中のお役に立ちたいから」という綺麗事は言いません。

その目的を達成するための手段がブログです。

「記事で何を書いたらいいのか分からないという」という悩みの原因は、何を書いてマネタイズするかという大事な目的をおろそかにしたためだと思っています。

いつしか「ブログを更新することが目的」と履き違えてしまったために、書く記事のテーマも決まらなかったのだと思います。

「何を書いてブログをマネタイズするのか」その一点に集中しておけば、漠然とした虚無感に襲われることもないのだと思います。

記事テーマが見つからないときは、ブログを続けている目的に立ち返ってみると、解決方法が見つかるのではないでしょうか。

100記事書け!の時代は終わった。100ユーザー来るまで書け!がブログ収益化には必要だ
「ブログのアクセスが伸びない。どうすればいいんだ…」 このようにお悩みの方も多いでしょう。私もブログを始めた当初は毎日のアクセス数が全...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)