耳鳴りの治し方。治療薬や食べ物は何が効くの?ためしてガッテンを見た人の反応は?

「キーン」「ピー」「ジジジー」という不快な耳鳴りに悩まれている方も多いのではないでしょうか。

私も約10年近く、耳鳴りしながらの生活をしています。体調や精神的ストレスによって耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

耳鳴りの原因が脳や耳の病気であれば耳鼻科や脳神経外科での治療が必要になりますが、そうでない場合は生活習慣の改善で緩和することができます。

本記事では様々な角度から耳鳴りを治す(抑える)方法をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

耳鳴りの治し方

耳鳴りの原因は「耳や脳の病気」と「精神的ストレス」に分かれます。

耳鳴りがしたときに耳鼻科へ検査に行くことで、ある程度は原因を探ることができます。「ある程度」と書いたのは、実際には明確な原因が分からない場合が多いためです。そのような場合は「精神的ストレスによる耳鳴り」と診断されることが多いでしょう。

精神的ストレスの場合

精神的ストレスから耳鳴りが生じている場合、その多くは生活習慣や食生活の改善、薬やサプリメントを摂取することで症状を抑えることができます。

耳鳴りの改善には、規則正しい生活を送ることや正しい食事バランスで摂取することが大事です。

不規則な生活でストレスを溜めたり、偏った食生活をしていると心身ともに疲労してきてしまい、耳鳴りやめまいが悪化することがあります。

食事だけで補えない場合は薬やサプリメントの摂取も効果的です。

耳鼻科で治療を受けると、ビタミン剤やミネラル剤、血流を改善する薬などが処方されます。これらを服用して体調を整えることが治療の第一歩です。

ストレス過多により精神的に不安定な状況であれば抗うつ剤なども処方されます。抗うつ剤は耳鳴りを治す効果はありませんが、気持ちが落ち着くことで耳鳴りもそれほど気にならなくなるという効果が期待されます。

耳鳴りの原因はストレスなの?実は危ない自己判断。原因を調べて適切に対処しよう
「最近、耳鳴りがするなぁ。ストレスでも溜まってるのかな」 耳鳴りがしたとき、このような自己判断をされていませんか? 私は10年前...

耳や脳の病気の場合

病院での検査で、耳や脳の病気が見つかった場合は、薬による治療や手術が必要になる場合があります。

耳鳴りを引き起こす主な病気には以下のようなものがあります。

  • 音響外傷(おんきょうがいしょう:大きな音により細胞が損傷し難聴になる)
  • 耳垢寒栓(じこうそくせん:耳垢が外耳道をふさいでしまう病気)
  • 聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう:脳腫瘍の一種)
  • 脳梗塞(のうこうそく:脳内の血管が破れて出血)

いずれも自己診断では分かりません。耳鼻科や脳神経外科で外科で検査することで分かります。

生命の危機につながる病気の可能性もありますので、耳鳴りが気になる場合は一度、耳鼻科へ検査に行くようにしましょう。

突発性難聴と思っていたら聴神経腫瘍だった話
先日、耳鳴りがひどくMRIを撮ってもらったところ聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)と診断されました。組織を取っての検査までしていませんが、...

ためしてガッテンで耳鳴りの特集

2015年3月4日に放送されたNHKのテレビ番組「ためしてガッテン」で耳鳴りの特集がされました。

番組では耳鳴り改善のポイントとして以下の2点が挙げられています。

  1. メカニズムの理解
  2. 静寂を避ける

実は耳鳴りは高齢者だけに表れる症状ではありません。

厚生労働省の「平成25年 国民生活基礎調査」によると、耳鳴りの有訴者率は30.3となっています。有訴者率とは人口千人あたりの症状を訴える人の割合のことです。

耳鳴りの症状は高齢者に多く見られるという印象があるかもしれませんが、年齢別の割合を見ると20代や30代でも起こりうることが分かります。

このような背景もあり、番組放送後からネットには多くの反響が寄せられました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)