個人向け/法人向けレンタルサーバーの選び方。格安プランから高スペックプランまで徹底レビュー

レンタルサーバー比較のポイント

初めてレンタルサーバーを選ぶときの参考にしていただきたいコンテンツです。初めての方はぜひチェックしてみてください。

Pocket

レンタルサーバーはどうやって選べばいいの?

レンタルサーバーを選ぶときにプランが複雑すぎて悩まれる方も多いと思います。初めてレンタルサーバーを探される方は、ぜひ「レンタルサーバーの選び方」もご覧になってください。より理解が深まると思います。

国内にはレンタルサーバーが数十社ありますので、その中から自分に最適なサービスを探すのは大変な作業です(参考:レンタルサーバーリスト)それぞれが全く内容の違うプランなら比較もしやすいですが、実際には似たようなプランが多いために「A社とB社で何が違うの?」と疑問も増える一方だと思います。

理想的なのはサーバーのお試し期間を利用して、より多くのレンタルサーバーを経験することです。ですが、これには手間と時間がかかります。お試し期間を提供していないレンタルサーバーもあります。

 

自分に必要な項目を洗い出す

レンタルサーバーを比較するときに大事なことは自分が何をする予定なのか洗い出しておくことです。

ほとんどの方は独自ドメインを利用したホームページを運用するために契約されると思います。ブログを導入する場合はWordPressやMovableTypeなどのCMSを利用する方も多いでしょう。写真や動画をアップするサイトであれば大容量のディスクも必要です。ホームページを見た人からのお問い合わせ用にメールアドレスも作れるといいですよね。

このようにどんなことをするのかを想像していきましょう。すると自分に必要な項目が分かってきます。

 

プランの詳細を見ることが大事

自分に必要な項目が分かれば、それらがサポートされているレンタルサーバーを探します。しかし、一般的な機能であればほとんどのサーバーでサポートしていますので大きな項目を見ていても比較はできません。

例えば、複数のサイトを運用する予定の方であれば「マルチドメイン対応」となっているプランであればOKですが、比較するためには何個まで運用できるかという具体的な数までチェックする必要があります。そこで初めて比較できます。

メールアドレスを利用する場合も同様です。メールアドレスが何個まで作ることができるかをチェックすることで比較することができます。

各社の料金プランはそういった機能の違いを積み重ねた上で決定されていますので、私たち契約者も細かな部分までチェックすることで月額料金の妥当性が判断できます。ディスク容量の大小やサービスが使える/使えないなどの情報だけで判断できないのはそのためです。

 

個人向けサーバーと法人向けサーバーの違い

レンタルサーバーには個人向けと法人向けがあります。一般的に個人向けのサーバーは月額料金が安く、法人向けのサーバーは月額料金が高い傾向があります。高い理由として主に3つあります。

1. サポート体制の違い

法人向けサーバーの多くは電話サポートに対応しています。ビジネス利用をしていた場合にトラブルがあると自社だけでなく取引先やお客様にも迷惑をかけてしまいます。至急の問い合わせが必要なときにとても役立ちます。

電話サポート窓口を設置すると人件費やその他のコストも増えますので、月額料金にも多少は影響しているはずです。

関連記事:レンタルサーバーの電話サポートはどんなときに使う?

2. サーバー内の収容ユーザー数の違い

共用サーバーはひとつのサーバーを複数の契約ユーザーでシェアしています。そのため、誰かのサイトがアクセス急増などにより高負荷になると、自分のサイトも影響を受けてホームページの表示が遅くなりします。ひどいときは表示されなくなります。収容ユーザー数が多いとサーバーは常に高めの負荷がかかった状態となりますので、そのようなリスクが起こりやすくなります。

ビジネス利用でホームページが頻繁に表示が遅延しては困ります。機会損失や信用低下につながりますので、いつでも快適に表示されなくてはいけません。そのためにはサーバー内の収容ユーザー数を減らして、サーバー全体の負荷を小さく維持しておくことが必要になります。そのため、月額料金が割高になります。

3. スペックの違い

これは一概には言えませんが、ビジネス向けプランのほうがサーバースペック(CPUやメモリなど)も高い傾向があります。高性能なサーバーを用意しているプランは必然的に料金プランは高くなります。

 

独自ドメインについて

レンタルサーバーを契約するときに必要なのが独自ドメインです。インターネット上で自分のホームページのアドレスを示すものです。

通常、レンタルサーバーを契約するとその会社が保有しているサブドメインを無料で提供してもらえます。メインのドメン部分は固定ですが、サブドメインとなる文字列部分は好きな言葉を選ぶことができます。このサブドメインを使ってサイトを運用する場合はドメイン維持費用はかかりません。

自分だけのオリジナルのドメインを作りたい場合は、ドメインを取得するサービスを使って自由な文字列で作ることもできます。末尾は「.com」や「.net」などから選べます。短い英単語はほとんど誰かに取得されていますので、複数の単語を組み合わせ作ることが多いと思います。維持費用は年間数百円~数千円です。

独自ドメインを取得する場合は、契約するレンタルサーバーと提携している会社を利用するほうが、DNSの切り替え作業がスムーズにできます。ロリポップであればムームードメイン、エックスサーバーであればエックスドメイン、といった感じです。

関連記事:独自ドメインを取得するメリットとデメリット

 

WordPressの簡単インストール機能は必須

独自ドメインでホームページを運用されている大半の方はWordPressを利用されていると思います。同じCMSとして以前まではMovableTypeも人気を二分していましたが、今ではWordPressが圧倒的に人気です。WordPressは個人/法人を問わず無料で利用できますが、MovableTypeはビジネス利用するときにライセンスが必要です。これもWordPressが広く使われるようになった理由でしょう。

ほとんどのレンタルサーバーではWordPressのインストールが管理画面から簡単にできるようになっています。数年前まではオプション料金を支払ってインストールしてもらうようなレンタルサーバーもありましたが、今ではそのようなことはなくなりました。

WordPressが簡単にインストールできることはレンタルサーバーとして必須の条件になっているともいえます。それぐらい重要なソフトウェアです。

関連記事:レンタルサーバーでWordPressを使うときに比較するポイント

 

ビジネス用途であればSSL機能をチェック

ビジネス向けのホームページには「お問い合わせ」や「会員登録」など個人情報を入力するページがあります。セキュリティや個人情報保護の観点から個人情報を入力するページではSSL通信(暗号化通信)を行う必要があります。平文で送ってしまうと送信内容をハッキングされたときにテキストの内容が見えてしまうからです。

多くのレンタルサーバーではSSL通信を無料で使える共用SSLサービスがあります。ただし、共用SSLは自分が契約している共用サーバーが取得しているものになりますので、アドレス欄は自分のドメイン名にはなりません。そのため、無料ではありますが、ビジネス利用の場合には導入の是非が分かれるところです。アドレス欄のドメイン表示が変わると「会員登録しようと思ったら別サイトに飛ばされたのかな?入力するのは不安だな…」と感じるユーザーもいますので、そんな理由でサイトを離脱されては機会ロスにつながりますよね。

個人利用の場合はあまり気にしなくても良いと思いますので、無料で使える共用SSLで十分だと思います。

自分のドメイン表示のままSSL通信を行うには独自SSLを利用します。ビジネスではこちらのほうが一般的ですね。SSL証明書には複数の認証局がありますので、暗号化の方式や年間費用などで検討することになります。

人気のレンタルサーバーはココ!

これからブログを始める方は、この3つのレンタルサーバーから選べば、失敗することはまずないでしょう。当サイト管理人もすべて契約したことのある安心できるサーバーです。

エックスサーバー ロリポップ GMOクラウド
高性能な堅牢サーバー!
大量アクセスでも安心
格安サーバーの代表格!
最安プランは100円から
業界最大手の安心感!
ビジネス利用に最適
お試し期間 無料お試し10日間 無料お試し10日間
初期費用 3,000円 1,500円~ 5,000円
月額費用 1,000円~ 100円~ 934円~
容量 200GB~ 10GB~ 200GB~
レビュー >>レビューを見る >>レビューを見る >>レビューを見る

(※)表示は税別価格です

BLOG

トレンドブログはレンタルサーバーの選び方に注意!芸能人の衣装写真は規約違反になる可能性あり

アフィリエイトで収入を得るには様々な手法があります。 そのひとつに「トレンドブログ」があります。筆者も過去にト …

01

レンタルサーバーのプランはなぜ複雑なのか?人間の心理を利用した作戦とは?

レンタルサーバー会社を比較する際「どこの会社がいいのか分かりにくいなぁ」と思われたことはありませんか? 身近な …

07

ブログに広告を貼って収入を得るには?

「せっかくブログを運用するなら広告を貼って収益を得たい」 このように思っている方も多いと思います。はい、私もで …

01

初めての通販サイトでショッピングカートの契約は必要?

「これからECサイトを立ち上げて通販するぞ」 これから通販サイトを立ち上げる予定の人は各社のショッピングカート …

01

レンタルサーバー契約で起こるトラブルと失敗について

ホームページの運営に必要なレンタルサーバーですが、何も気にせずに契約すると思いもよらないトラブルや失敗に巻き込 …

IT

当サイト人気No.1

個人向けの人気サーバー

法人向けの人気サーバー

PAGETOP
Copyright © レンタルサーバー比較ガイド All Rights Reserved.