耳鳴りがひどくて毎日眠れない。クライアントの前で寝落ちして上司にシバかれたので、本気で耳鳴りを治すことにした

私の人生で最悪の日、消したい過去。

耳鳴りをなんとしてでも治したいと思わされた出来事。

それは大事な仕事の受注のため、クライアント先へ上司と一緒にプレゼンに行った日に起こった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

耳鳴りによる寝不足から始まる

毎日「ギーギー」と鳴り響く耳鳴りのせいで、ろくに睡眠がとれていない状況だった。さらにプレゼン前日の緊張も合わさり、とうとうその日は一睡もできずに朝に迎えることに。

意識はもうろう、耳はギーギー、プレゼンどころの体調ではなかった。

しかも、プレゼンする会場まで片道2時間かかるプチ出張。もはや地獄。ふらふらになりながら準備をして会場に向かった。

到着すると大きな会議室に通され、競合他社とのコンペが始まる。目の前にはクライアントがずらっと並んで座っている。競合他社のプレゼンを見ながら、自分の順番を待っていた。

前代未聞の失態

競合他社のプレゼンが淡々と進んでいたときだった。

「ドンッ!!」

太ももに痛みと衝撃が走った。ハッとして横を見ると鬼の形相をした上司。太ももの衝撃の原因は上司のゲンコツだった。

まさかと思った。寝てしまっていた。

大事なプレゼンの日に、しかもクライアントの目の前で。

その後、必死にプレゼンで巻き返したつもりではあったが、結果は失注。当然といえば当然かもしれない。会社に戻ってから、上司にこっぴどく怒鳴られた。

「クライアントの前で寝るなんてありえない!」と何度も、何度も。

「毎日、耳鳴りのせいで睡眠不足でして…」なんて言い訳は通用しない。プレゼンの待機中に寝るなんて言語道断である。

やらかした事実は消えないが、このまま放っておくわけにはいかない。この過ちの繰り返しは許されない。

だから挽回するしかない。どんな手段でもいいから信頼を取り戻らなければいけない。耳鳴りのせいで寝不足という理由は、仕事では通用しない。

そのためには耳鳴りを治すしかなかった。

耳鳴りが簡単に治るはずがない

それからは、書籍やネットで耳鳴りについてとことん調べた。耳鳴りの治し方や予防方法などあらゆるものを試した。ハッキリいってどの方法も全滅。ちょっと行動を変えただけで耳鳴りが治るはずもなかった。

どんな方法を試したのか。今さらではあるが、少しだけご紹介しようと思う。大体どんな書籍やサイトを見ても書いてあるので、試した方も大勢いらっしゃると思う。

一般的に言われる耳鳴り改善の手法はこんな感じ。

  1. 規則正しい生活
  2. バランスのいい食事
  3. 適度な運動
  4. お酒・タバコを控える

1.や2.は何が正しいのかが難しいところ。自分では正しいと思っていても専門家が見れば「全然ダメ」なんてこともよくある。客観的な根拠がないので、これをやったからといって耳鳴りがよくなるなんてまず無理。

3.は自宅から職場、買い物で近所のスーパーに行くのも合わせると、毎日1時間ぐらい歩いているはず。それとは別にランキングやジョギングをしろと言われても、ずっと続けるのは大変。逆に日常生活に支障が出そう。

4.は人それぞれ。そもそもどちらもしない人だって耳鳴りするわけで、これを耳鳴りが治る方法とはとても呼べない。

ということで、やはりこういった「気持ちでなんとかする」みたいな手法は、効果は期待できない。もし、効果があったなら偶然と考えたほうがいいと思う。

私がサプリメントを選ぶ理由

気持ちで治ってくれたら苦労しないのが耳鳴り。みんな悩んでいるのはそんなことでは治らないから。

やはり体に対して物理的な作用を及ぼすものに期待するしかない。そうなってくると、薬かサプリメントの二択となる。

どちらにするかは個々の症状にもよると思う。すでに毎日耳鳴りしているなら即効性のある薬に期待したいし、不定期で耳鳴りするというレベルならサプリメントを摂取して少しでも耳鳴りする確率を下げて生活したい。あなたならどちらを選ばれるだろうか。

私は薬が恐い。もちろん治ってくれるに越したことはないが、副作用というものが気になる。

私が副作用を恐がるようになったのは、聴神経腫瘍の疑いでMRIを撮ったときの造影剤からである。「副作用が出るのは100人に1人ぐらいですよ」なんて言われて、安心して造影剤を使った結果、見事、100人に1人に当たってしまった。どれだけ運がないんだよと自分を恨む。

MRIで造影剤を投与して、いきなり吐き気。血液検査をしていても副作用は起こる場合がある
先日、人生で二度目のMRI検査をしてきました。 前回と今回では大きく検査の内容が異なりました。「造影剤あり」です。前回は造影剤なしでし...

造影剤を打たれてしばらくすると前進に冷たい感覚が広がってくる。そろそろ心臓近くまで来たなあと思った瞬間に猛烈な吐き気に襲われ、検査中断。しばらく動けなかった。

そんなこともあって、薬は期待したいが、恐い。だから直接的な効果はなくてもいいから、少しでも耳鳴りする体質から変わってくれれば十分という思いで私はサプリメントを選ぶ。

繰り返しになるが、薬に頼りたい人はもちろん薬のほうが即効性があるのでいいと思う。

そんな中で耳鳴りに効くとされるサプリメントを調べてみると、いくつか種類があることが分かった。大きく分けると「ハチの子」か「イチョウ葉エキス」の2タイプ。

これらの成分が入っているサプリメントは大体「耳鳴り改善」を匂わせるパッケージになっている。どっちが効くんだ?どっちも効くのか?どっちも効かないのか?

サプリメントの業界ではよくあることだが、製造している会社名は聞いたことのない場合が多い。大手の製薬会社はどこも着目していないんじゃないかと思っていたら、意外にも「ハチの子」はあの大手企業「DHC」からも販売されていることが分かった。約1か月分の内容量で3,500円とのこと。

ということで早速、近所のドラッグストアに行ってみると取扱いしていない…。もう一軒、行ってみる。やはり取扱いしていない。他の製品はたくさん陳列されているのに「ハチの子」は取り扱っていないらしい。

そんなわけで、少し遠いがDHCの直営店に電話してみる。すると、まさかの「取り寄せになります」の回答。そうなの?そんなに希少なの「ハチの子」って。

ということで、DHCのハチの子サプリはすぐには購入できないことが分かった。店舗に取り寄せしてもらうか、DHCの公式オンラインストア(通販)で購入することになる。

であれば、もう少しハチの子をじっくり調べてみてもいいのではないかと思った。調べると結構ある。安いものだと500円で販売されている。いくつか調べて、ある程度、クチコミなども充実しているのが「ハチの子800」と「花菜の厳選蜂の子」だった。

つまり、ハチの子で試すなら3択となる。

値段重視ならお試し価格500円の「ハチの子800」になる。ただしこれはお試し製品なので、内容量は少ない。10日分だ。人間の体質は1週間や2週間サプリメントを飲んだだけで変わるものではないため、結果的に「耳鳴りは何も変わらなかった」となる気がする。初期投資を抑える目的なら500円は魅力だが、じっくり直すにはもう少し内容量が必要と考える。

体質改善を期待するならやはり1ヶ月は続けないといけないと思っている。1週間や2週間で耳鳴りが治るなんて奇跡に近い。そんなことは私も期待していない。これから先の人生、まだ何十年とあるわけで、1ヶ月や2ヶ月ぐらいで急いで効果を期待してもしょうがない。多少の時間はかかってもいい、そこから先の人生で少しでも耳鳴りが軽減されるなら。

そうなると、やはり内容量1か月分は必要になる。「DHC」か「花菜の厳選蜂の子」の2択。どちらにするかはそれぞれ考え方によって違う。大手企業というブランドに魅力を感じるなら「DHC」だし、毎月500本限定という希少性のある商品で試したいなら「花菜の厳選蜂の子」だ。

基本的にハチの子は貴重なため、サプリメントも大量には生産できない。手に入れるのも難しかったりする。じっくりと待つのもいいが、品切れになる前に手に入れなければ、そもそも何も始まらない。

イチョウ葉エキス成分も調べてみたが、イチョウ葉エキスだけを前面に押し出すサプリメントは少ない。どちらかというと耳鳴り用のサプリメントは、ハチの子メインでイチョウ葉エキスはサブといった感じ。

有効とされる成分はいくつ入っていても構わないので、大事なのは自分に合うか合わないかである。細かい成分の違いがあるので、同じハチの子でも効果がある場合とない場合があるだろう。

耳鳴りのサプリメントは、一球入魂の精神でいくと失敗したときにダメージが大きい。なので、挑戦という思いで試すほうがいいと思っている。

ダメで元々、当たればラッキー、それぐらいの心構えで取り組むことで、いつでも前向きにチャレンジできるから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)